サービス案内SERVICE

居宅介護支援

居宅介護支援とは

居宅介護支援とは、要介護認定を受けた要介護(1~5)の方を対象にしたサービスです。
介護支援専門員(ケアマネジャー)が、介護保険サービスを受けるのに必要な居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成や、介護に関する相談や手続き、調整等を支援します。

居宅介護支援サービスを受けるには、要介護1以上の認定を受けていることが条件となっています。
ケアプランの作成やケアマネジメントサービスはすべて介護保険が適用されるため、自己負担はありません。

利用までの流れ

STEP1

介護認定を受ける

要介護認定をまだ受けてない場合はまず申請を行います。


受注対象者

65歳以上の高齢者または40~65歳の特定の病気の方

特定の病気:末期がん、脳血管障害、骨折を伴う骨粗鬆症、パーキンソン病関疾患、関節リュウマチ、初老気における認知症などの16疾患が定められています。

STEP2

ケアプランを作成する

要支援と認定された方は、お近くの地域包括センターでケアプランを作成してもらえます。
要介護と認定された方のケアプラン作成は居宅支援事業所が窓口となります。

当社にてケアプランの申請が可能です。お気軽にお問い合わせください。

ケアプランの作成費用は介護保険から全額支払われるため自己負担はありません。

ケアプランとは

ケアプランとは介護サービスをどのように利用するのか、を決めた介護計画書のことです。
また要介護認定を受けた人が介護サービスを利用するときに必要になる大切な書類です。

具体的には被介護者本人とその家族がより充実した生活を送れるように、長期的、短期的な目標が設定されています。
ケアプランは無料で作成することが可能です。また被介護者の身体状況が変化するたびに作り直すことが可能です。

ケアプランは要介護にも要支援にもどちらにも必要になります。
それぞれ要介護者の場合はケアプラン、要支援者の場合は介護予防ケアプランと呼びます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、要介護の方が自立(自律)や尊厳を保持して、その人らしく暮らせるように支援します。
要介護の方やその家族からの相談に応じたり、希望や心身の状態にあった適切なサービスが利用できるように導きます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割

要介護認定の申請代行・居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成・介護サービス事業所等との連絡調整・サービスの再評価と居宅サービス計画(ケアプラン)の練り直し・給付管理業務 など

介護についての様々なお悩みに、私たち介護支援専門員(ケアマネジャー)が解決のお手伝いをいたします。
先ずはお気軽にご相談ください。


042-549-7078

介護についてのさまざまな
お悩みにお答えします

24時間対応まずはお気軽にお問合せください